要注意のダイエット

要注意のダイエット

若い女性なら誰もが一度はダイエットに挑戦したことがあると思います。憧れのスリムな体になりたい気持はよくわかるのですが、一方でダイエットは色位な面でその問題点も指摘されています。特に多いのは食生活の乱れで拒食症につながる、と言うものですが、意外と知られていないのは髪の毛にも影響を及ぼす、と言う点です。当たり前のことなのですが、髪の毛の身体の一部ですから、その栄養は自分が食べたもので作られています。髪の毛の原料はタンパク質です。ですからタンパク質が不足するような食生活を送っていると、当然髪の毛は栄養不足になってしまいます。栄養不足になった髪の毛は簡単に言えば人間と同じでまず細くて弱い髪になります。手足の部分と同じです。栄養が足りなければ痩せてしまうんですね。ですから過度なダイエットは体を細らせてしまうだけではなく、髪の毛も細くなり、やがては簡単に抜け落ちていくような髪の毛になってしまうんですね。過度なダイエットをした人がよく急に老け込んだように見える事がありますが、その原因の一つには髪の毛がまるで老化してしまったかのように細く少なくなってしまっている事があるからだと思われます。せっかく理想の体型を手に入れたとしても、髪の毛が少なくなってしまっていては思っている様なヘアスタイルも作れなくなってしまうかもしれません。よく髪の毛の状態はその人のストレスと大きく関係している、と言われますが、これは事実の様です。円形脱毛症とか白髪増える、といった状況がその人が強いストレスの下で生活しているケースで起こりうる、と言う事はみなさん良く聞く話だと思います。実際にストレスがかかるとどうして髪の毛の健康状態が悪くなるのか、というとそのつながりはよくわかりませんよね。実はストレスがかかると、毛乳頭と呼ばれる髪の毛に栄養を送る部分の機能が弱くなったりまったく機能しなくなったりする、と言う現象が起きるようです。そうするとその部分の髪の毛は栄養が運ばれなくなってしまうので抜け落ちてしまうんですね。部分的にこの状況が起こるのが円形脱毛症と言われる症状です。ストレスが収まれば自然治癒する減少ではありますが、円形脱毛症であることがわかると、そのこと自体がさらなるストレスとなるケースも多い、と言われています。またストレスを紛らわせようと無意識のうちに自分の髪の毛を抜いてしまうようなケースも有ります。これは自己脱毛症と言われているものです。よく思春期の女性がやたらと髪の毛を気にしているのを見かけますが、彼女たちの中には知らず知らずのうちに髪の毛を一本一本抜いてしまっているようなケースもあるようです。美容院 原宿 縮毛矯正 髪質改善 ストレートパーマ おすすめ クーポン