他店との差別化が出来ているか

他店との差別化が出来ているか

美容室の件数は都心あたりでは数メートル先にも美容室がある、と思うような状況になっているようです。そんな中で他店との競合に勝とうと考えるならば、必要となるのは差別化でしょう。他の美容室にはないものがこの美容室にはある、と思ってもらわなければなかなか集客は難しいと思われます。特に新規に参入した場合には元からある美容室と同じメニュー、同じサービスを提供しただけでは経営の継続は難しいでしょう。そういう激戦区では新規のお客様と言うのは他店のお客様を奪う事が出来るかどうか、という事にかかっていると言っても良いでしょう。他の美容室に通っていたお客さんを自分の美容室へと呼び込むには、そのお客さんが通っていた美容室以上の魅力が無ければ無理な話です。通っている美容室には無いメニューやサービスがあれば、試しに行ってみよう、という気持ちにもなるかもしれませんが、価格も似た様なものだしメニューも対して目新しくない、といえばこれまで満足している美容室をわざわざ変える必要はないですよね。集客が思うようにいかない時には、この美容室は周囲の美容室と比べてどこが魅力的か、という事を第三者の目で持って見直してみる事が必要なのではないでしょうか。客観的に見て自分の美容室は他店と比べて何が魅力的なのか、という事を見直してみる機会を持つとよいですね。美容室ではお客さんとの関わりも大切ですが、薬剤のメーカーさんやディーラーさんとの関わりも大切です。そのメーカーさんやディーラーさんもそれぞれ自分の所の製品を売り込むのが仕事ですから、美容室に対して色々な提案をする事と思います。そういう事に対してどのように対処するか、というのも美容室の経営においては重要な判断になる場合もあるでしょう。どちらも商売ですから上手く売り上げをあげることを目的としています。新製品がでればそれを使ってもらおうとメーカーさんやディーラーさんが動くのは当然のことでしょう。ですが美容室のお客さんにとっては、少しぐらいパーマやカラーの薬剤が変わったからと言って、その美容室の評価はさほど変わらないと思うのです。どんなに「薬剤の質が良くなった」と説明されてもそれを実感できるお客さんはそんなに多くはいないと思うのです。細かい事はプロでなくては解らない事も多いと思います。ですから結局のところ、担当してくれる美容師が自分にとって良い美容師か、その仕上がりに満足できるか、という事であって、メーカーがどこであろうと、新しいメニューが出ようとも、あまり評価には繋がらないように思います。それをあれこれと新しいものを取り入れても最悪の場合には在庫を抱えてしまうだけ、という事もあり得るでしょう。美容院 武蔵小杉 トリートメント 縮毛矯正 人気 口コミ 予約