就職活動中の髪

就職活動中の髪

よく就職活動を控えた学生たちが「黒髪に戻す」という言い方をすると思うのですが、実際には「戻す」という表現は少し違うかもしれません。結局のところ「戻す」と言ってもこれまでのカラーリングをした髪の毛に対してそれを「黒色に染める」という作業をするわけですから、髪の毛が地毛に戻る訳ではありません。黒染めをする、という事はあらたなカラーリングをする事に等しいので、髪の毛にとってはさらなる負担を背負う事になります。また黒染めした黒色、というのはかなり人工的な色になります。ひとの髪色と言うのは日本人の場合一口に「黒髪」と言っても様々な色合いがあります。元から茶髪に近い人もいますし、かなり原色の黒色に近い人もいます。ですがそれぞれに持って生まれた自然な髪色です。ですが黒染めにする黒色というのは、どうやっても人工的になりがちです。黒染めにして「黒髪に戻した」と言っている人の中でも、その黒色に自分で違和感を持っている人は多いのではないでしょうか。それでもルール上は黒髪になっている訳ですから、その髪色で就職活動を乗り切る人も多いものです。就職先によってはカラーチャートでどのぐらいの明るさよりも下のトーンでなければいけない、と明確に数字で指示してくる職場も有りますから、また少し明るめの色を入れる人もいるようですね。どうして就職活動をする時や、職種によっては茶髪や金髪が未だに敬遠されるのか、というのは理由は定かではありませんが、やはりカジュアルすぎる感じとかちょっと軽い感じに見られてしまうということがあるのかもしれません。ですが例え就職活動中に黒髪にしたとしても、黒染めにした場合には明らかにその人工的な髪色から、その直前までは茶髪や金髪だったのでは、と推測されてしまうことは間違いないと思います。その場だけ黒髪にしている事が明らかであるのに、どうしてそこまで黒髪の方が良い、という事にこだわるのか、ちょっと疑問にも思いますよね。ですがやはり黒髪の印象の方が、まじめ、誠実、というイメージになるのでしょうね。黒染めにした人たちはその時にも、その後その髪の毛に対してどのようなダメージが起こり得るか、とか、その後また明るい色にしたい、と思った時にはどうなるか、というような事をきちんと考えている人は少ないものです。実際に黒染めをした後で、また明るい髪色にする、というのはかなり髪の毛に負担をかけることになるようです。本当に今後黒髪にしたい、という人ならばそのまま伸ばし続けて自分の地毛の黒色にすべてが変わるまで待てばよいのですが、また明るい色に戻したい、となると一度黒染めを入れてしまう事は本当なら避けた方が良いようですね。美容院 ヘアサロン 渋谷 カラー トリートメント おすすめ クーポン