将来を見据えたカラーリング

将来を見据えたカラーリング

実はカラーリングをして明るい髪色にする、という事は本当なら髪の毛にかなり負担のかかることなので、髪の健康の事を考えたら安易にするべきことではないと思うんですね。ですがほとんどの美容室ではお客さんが望めば簡単にカラーリングをしてくれますし、「しない方が良い」と言われる事はほとんどないでしょう。特に明るくするだけではなく、黒染めにしたり明るくしたり、という事を繰り返すのはよくないようです。ですから本当は自分がどのような髪色の変遷をたどりたいのか、という事を長期的なスケジュールを立てて考えるべきだと思うんですね。そしてどうしても黒髪にしなくてはならない時期というのがあるのであれば、その時には黒染めではなくて地毛の黒髪に戻すような長期的なスケジュールを立てるべきなんでしょうね。たとえば就職活動の時期ならあと何年後にその時期になるか、という事はわかっているはずです。その時にまでに髪を伸ばして、もとの髪色で揃えることができる様にすれば髪の傷みは最小限に抑える事が出来るかもしれません。ですが実際には多くの人たちは思いつきでカラーリングをしてしまいます。それはカラーリングによる髪のダメージについて良く知らないからかもしれません。本当なら美容室の方でカラーリングによる危険性についてもっと説明すべきなのでしょうけどもね。一度明るくした髪色を地毛の黒髪に戻そうとするならば、徐々に生え変わっていくのを待つしかありません。ですがそうなると毛先は茶髪なのに頭皮の周りは黒髪、といういわゆるプリン状態の時期が長く続くことになります。それはちょっと見苦しい感じですよね。ですがもしもその長期的なスケジュールを担当の美容師さんに伝えておけば、きちんと黒髪に戻すまでのカラーリング方法について提案してくれるはずです。たとえばですが今はグラデーションカラーというのもオシャレの一つとなっています。頭頂部から毛先にかけて徐々に髪が明るくなっていく感じのスタイルです。このスタイルを使えばだんだんと生え変わって黒くなっていくスタイルもおしゃれに取り入れることができます。最初に金髪の様な明るい色にしている場合は、月日をかけて頭頂部の方を部分的に明るさをおさえたカラーリングにして行きます。そして最終的には地毛の黒色から徐々に毛先が明るくなるようにしていくわけです。2年ぐらいあれば、おそらく最終的には地毛の黒髪のショートカットを作ることができるのではないでしょうか。グラデーションカラーは人によってはとてもおしゃれなスタイルになり得ます。そういう提案をしてくれる美容師こそが、お客さんの髪の事を本当に考えてくれている美容師だといえるのかもしれませんね。美容室 鶴瀬 美容院 カラー トリートメント 白髪染め クーポン おすすめ ランキング
美容師 求人 仕事 アルバイト 町田駅