指名しない場合の美容師

指名しない場合の美容師

みなさんは美容室へ行った時には美容師の指名をしますか?何度も通っている美容室ならすでにお気に入りの美容師さんがいる、という人も多い事でしょう。ですが初めて行った美容室では、その美容室でどの美容師が腕が良いのか、という事は解らない場合も有りますね。そういう時につい言ってしまうのが「誰でも良いです」とか「特に指名はありません」という事だと思うのですが、これはお客さんにとっては「最初だからお試しで」という感じなのかもしれません。ですが良く言われているのは、美容室側としては「誰でも良い」と言われたら、逆に新人をお試し感覚で担当させる、という事もあるようです。あえてそうする場合も有れば本当にほかの美容師は自分の担当のお客さんで手がいっぱいで入れない、という事も実際にあるでしょう。そうなるとその美容室で一番経験の浅い美容師が担当する事になります。もしも初めて行った美容室で指名をしなかった場合、明らかに若いな、と思うような美容師であれば、まだ経験の浅い新人の美容師である可能性が高いです、もしそういう事態を避けたいと思うならば、新しい美容室であっても下調べをして指名をする、とか「経験の豊富な方で」という感じでお願いする方が良いかもしれませんね。美容室を予約する時にはその美容室の事をよく調べてから予約を入れる方が良いですね。かつては美容室の評判は実際に入った事のある人の話を聞くぐらいしか方法が無かったのですが、最近はネットの普及で誰もが自分の感想をネット上で発信する事が出来るようになりました。ですから前もって自分が行こうとしている美容室の評判を調べる事が出来るんですね。その時には仕上がりが「良かった・悪かった」という感想を見る事が多いのですが、少し変わった角度から調べる事も出来ます。例えばその美容室の採用情報です。常に新人の美容を募集している、という美容室ではアシスタントが長続きしないので、しょっちゅう新人を募集している、という事が推測できます。そういう美容室へ行って指名をしないで「誰でも良いです」と言ってしまうと、若く経験の浅い美容師が担当となる可能性が高いです。こういう傾向にあるのは、多くのチェーン店を持つような企業体形の美容室だと思われます。新人の指導方法も確立されていますので、担当を指名しないお客さんに対する対応もマニュアル的なところが多いと考えられます。そういうお客さんには新人を付ける、といった事がルールづけられている様なケースです。美容室の採用情報を見ることで、ある程度のその美容室の内情を知ることが出来るかもしれません。平井 美容室