シャンプー指名

シャンプー指名

一口にアシスタントといってもシャンプーに合格したばかりのアシスタントもいれば、すでにシャンプー歴が二年ぐらいのアシスタントもいてそのシャンプーテクニックの差は仕方のない事でしょう。そこでお客さんからの素朴な疑問として「気持ちの良いシャンプーとそうではないシャンプーが同じ料金ってどうなの?」という事があるのではないでしょうか。確かにシャンプーは美容室側にとっては単純に髪のケアの一つかもしれませんが、お客さんにとってはシャンプーで得られる快感やリラックス効果こそが美容室へ来る醍醐味なのだ、という人も少なくないのではないでしょうか。お店によってはシャンプー指名と言うのもできるようですが、料金を変えている、という美容室はあまりないかもしれません。たとえば自分の好みのスタイリストにお願いしたいときに指名料金を払うシステムの美容室がありますよね。シャンプーも自分の好みのアシスタントさんを指名できることは嬉しいシステムですから、ぜひ広まってほしいものですが、そうなってくると一定のアシスタントばかりがシャンプーの経験値が上がりますます上手くなり、指名の入らない美容師はいつまでたっても経験を積めない、という事になってしまうかもしれません。そこにシャンプー指名料金を課せば、その差が解消できるかもしれませんね。確かに美容室でのシャンプーは楽しみなものではありますが、どんなシャンプーでも確実に気持ちが良いと言うわけではありません。人によってはあまり気持ちが良いと感じられないシャンプーとなるアシスタントもいます。それは何が違うのか、というと素人には上手う説明ができませんが「雑だ」と感じるのではないでしょうか。上手いシャンプーをするアシスタントは本当に力加減も強いのにソフトで、洗い残しが無い様にまんべんなく洗っているように思います。ですが雑だと思うアシスタントのシャンプーはまるで自分自身であらっているかのような感じです。力加減は確かに強いのかもしれませんが、ただ力が入っているだけで気持ちが良い、と感じられないんですよね。アシスタントさんの中には本当にシャンプーデビューしたての人もいれば難燃もシャンプーをしている人もいますから、その技術に差が出るのは当たり前なのですが、やはりお客さんはシャンプーと言えば気持ちが良いもの、と思っていますから、同じ料金を支払っているのにシャンプーを気持ちが良い、と感じられなければなんとなく損をしたような気持になってしまいますよね。お店によってはシャンプーの指名が出来るところも有りますが、そういう所ではなかなか新人のアシスタントさんのシャンプーの腕が上がらないのではないか、と少し心配ですね。門前仲町の美容室