レセプション

レセプション

美容室内で働いている人で「レセプション」と呼ばれる人がいますが、あまり聞きなれない名称かもしれません。レセプションと言われている人は簡単に言ってしまえば受付の人です。電話を受けたり来店した人の受付、案内をする係りの人で、実際にはお客さんの髪を切ったり施術に関わることはありません。ですから美容師免許を持っている必要はないので、ただ美容室と言う場所で働きたい、と思っていた人やアルバイトの人がやっている場合も有ります。ですが多くの美容室では受付のために一人を雇って給料を支払うよりは、受付は手の空いているスタイリストやアシスタントが兼任している事もよくあります。だからあまりレセプションという呼び名を聞かないのでしょうね。少し規模の多い美容室になると来店するお客さんも多く、店内も広かったりするので、電話を受けるにしても来店したお客さんを案内するにも一人専任の人がいた方が良い、という事になるのでしょう。美容室の求人で「レセプション募集」という文字を見かけたら、それは美容師免許がなくても美容室内で働くことができるチャンスだ、という事が言えるでしょう。正社員と言うよりはパートやアルバイト扱いで、美容室が営業されている時間だけの仕事であるケースが殆どです。カットモデルに対してそのモデルとなってくれる人を探す人の事をモデルハントと言います。おそらく街中の人通りの多い場所や美容室の前で声をかけてくる人がいると思いますが、そういう人たちがモデルハントをしている人たちです。モデルハントが探しているのはカットモデルや撮影モデルです。ですからカットモデルを探しているのは多くの場合まだ練習中のアシスタントです。多くの美容室ではアシスタントがスタイリストデビューする前の総仕上げとして規定人数のカットモデルのカットをする事を課題としています。そのためにはまずは自分でカットモデルになってくれる人を探さなくてはいけないので、それも大きな仕事となります。また撮影モデルになってくれるのを探すのも、下っ端であるアシスタントの仕事となるケースが多いようです。性格的に知らない人に街中で声をかけるなんて苦手だ、という人も多いかもしれません。それでもスタイリストデビューを目指すならば、こういう課題が課せられるところが多く、のちに実際にお客さんをカットするようになった時のトークの練習も兼ねているのかもしれませんね。どちらのモデルも無料でカットしてもらう事が出来るのがメリットですが、どちらも自分からなりたいスタイルを求めるのは難しいようですね。稲毛 美容院