この美容室の環境はどうなのか

この美容室の環境はどうなのか

美容室と言う場所は大規模な美容室はごく一部で、ほとんどがスタッフが10人程度の美容室だったり、個人が経営している美容室だったりするものです。30人ぐらいスタッフがいる美容室であれば、どこかしら自分の居場所を作ることができると思われますが、10人程度の職場なら、そのメンバーで上手くやっていくしかなく、もしもその環境に馴染む事が出来なければ、全く居場所がないと言う事もあり得ます。またその10人程度のスタッフの中でなにか揉め事があったり、オーナーだけが権力を持っている様な環境だと、毎日がとても辛い日々となることでしょう。スタッフ同士、先輩と後輩の雰囲気が良くない職場ではなかなか自分の実力も発揮する事が難しくなる事も多々ある様です。職場の雰囲気が良くない、と感じた時、自分で何とかその雰囲気を変えよう、という考え方もあるかもしれませんが、そういう事に時間を取られているぐらいなら、いっそ別の美容室を探してみる、という選択をする事も可能です。一度店内の事ばかりではなく、他の美容室はどんな感じなのだろうか?と外を向いてみる事も良いかもしれません。そういう目を持って見ているうちに、今の美容室の問題解決につながることも何か見つかるかもしれませんし、どうしようもないと思えば職場を変える事も選択肢の一つです。美容室は元々が狭い世界ですから広い視野を持つことも時には必要でしょう。美容師と言う職業は離職率が高く、多くの人が一度は「辞めたい」と思った事があるのではないでしょうか。そういう気持ちになった時に美容師の皆さんはどの様な事に悩み、どのような決断をしたのでしょうか。今まさに悩んでいる、という美容師の皆さんはどのように考える事で、その悩みから抜け出す事が出来るのでしょうか。美容師の皆さんが辞めたいと思う理由の一つに、特にアシスタントの皆さんは「先の見通しが無い」という事があるようです。自分はこの状態で美容師を続けていくことができるのだろうか、という漠然とした不安の様です。その不安を持たせるのは特にアシスタント時代に、毎日反復練習ばかりを行っていて、自分が進歩しているとは思えない、いつになったらスタイリストになれるのか、全く見通しがつかない、という事の様です。そんな時には一度冷静になってみる事が必要かもしれません。それは美容室内だけを見るだけではなく、外の世界を見てみる、という事です。実は美容師になっている人の多くは辞めてみて初めて「自分はそんなに美容師と言う職が好きなわけではなかった」と気付く人も多いようです。なんとなく専門学校なら入学しやすい、国家試験も勢いで合格した、ですが実際には美容師はそれだけでは務まらない仕事です。自分がどれだけ美容師に思い入れがあったか、という事を見つめ直す事も必要でしょう。新小岩 正社員 美容室 求人