気まずくなる理由

気まずくなる理由

美容室のお客さんはこれまで指名してきた美容師を変える事に対して高いハードルを感じているようです。その一番の理由が「変えた後のその美容師との関わり」だと思うんですね。「嫌な顔をされる」「気まずくなる」と言った事を恐れているようです。当然と言えば当然で、指名をしない、という事は「前回の施術に満足できなかった」という気持ちの表明であり、言葉は悪いですが美容師にとっては自分を否定されたような気持になるのも解らなくは有りません。ですが指名をする、というシステムがある以上、指名を変える、というのもお客さんにとっては当たり前のことでなくてはならないと思うのです。気まずくなる、というのはお客さんのせいではなく、そんな雰囲気にしてしまう美容師側に問題があると思うんですね。確かに良い気持ちはしないでしょう。ですがそれはお客さん個人のせいではなく、お客さんに対して「次回も指名したい」と思ってもらえるようなかかわりを持たなかった事がいちばんの理由でしょう。自分には何の落ち度もなかった、と思っている美容師はその後もなかなか成長できないかもしれませんね。正直なところ美容師にとっても合うお客さんとそうではないお客さんがいると思われます。単純に「あのお客さんは自分とは合わなかった」と割り切ることも時には必要かもしれません。お客さんの方も、担当美容師を変える時には美容師の皆さんに嫌な思いをさせない様に色々と気を使っているものです。一番多いのが、それまでの担当美容師が休みの日に予約を入れる、という方法でしょう。最近では美容師のスケジュールをネットなどで公開している美容室が殆どです。ですからどの美容師がいつ休みか、という事がお客さんに解るようになっています。そのスケジュールを確認して、自分が前回担当してもらった美容師の休みの日を調べて、あえてその日に予約を入れれば、その美容師を「外した」のではなくて「その美容師の予約をする事が出来なかった」という事になり、美容師側からしても「お客さんの都合で自分の休みの日の来店になったのだから仕方がない」と思う事が出来るでしょう。一番無難で誰にも嫌な思いをさせない方法だとは思いますが、そうまでして美容師を気遣う必要があるのか、という疑問を持つ人も多い事でしょう。逆に若い美容師などは、そういうお客さんの心遣いですくわれる事も有ります。一人の美容師が担当を外れると、他の誰かに指名が回ってくる事もあるでしょうし、お客さんが「誰でも良い」と言えば、経験の浅い美容師の出番となることも多いと言われています。外された美容師も、別の美容師にチャンスを譲った、ぐらいの大きな気持ちを持ちたいものですね。稲毛 美容師 求人