髪の毛の手入れ

髪の毛の手入れ

年齢を感じさせないヘアスタイルを考える時に見通しがちなのはまずはヘアスタイルよりも髪質、という事です。髪の毛の年齢を重ねればうねりがひどくなったりパサついて見えたりつやが無くなってしまったりします。そしてそういう髪質になってしまうと、それだけでかなり老け込んでみられることがあります。見る人が見ればその人ヘアスタイルよりも髪の毛の状態からその人の年齢が判断できてしまったりもするようです。ですから年齢を重ねてくるとより一層良い髪質を保つことを意識した方が良さそうです。もちろんヘアスタイルで若く見せる事はできるでしょうけれども、無理に若作りなパーマをかけても髪の毛がパサパサでは、綺麗には見えません。艶やかな髪の毛の方が若く見えるものです。ですからヘアスタイルを考えると同時に若い時以上にヘアケアに気を使うのが良いでしょう。特に若いうちにパーマやカラーを繰り返していた、という人は要注意でしょう。施術の経歴によるダメージと年齢的なダメージが両方ある場合にはせめてこれ以上髪を傷めてしまうような施術は避けた方が良いでしょう。髪の毛をいたわることは何歳に見えるか、という事よりも、その後に訪れる本当の老化現象を加速させてしまう危険性もありますからね。自分が美容室へ行った時に、そのヘアスタイルが成功かどうか、という事は周囲の反応を見る事でかなり推測する事が出来ると思います。ただ「髪切ったんだね」とか「すっきりしたね」というのはそこまでの褒め言葉ではないと思われます。ですが「どこできったの?」とか「どうやってオーダーしたの?」などとそのスタイルについて知りたい、興味がある、というような反応をされるケースならば、それはそのヘアスタイルがとても似合っている、素敵だ、という事であり、そこには「若く見えるよ」という意味合いも含まれていると思うのです。一定の年齢以上になると、「素敵だ」「きれいだ」と言う事は常に「若く見える」と言う事と同義だと言っても良いでしょう。ですから周囲からの反応が良い、という事はそのヘアスタイルはとても似合っていて若く見える、という事にちがいないのです。そのスタイルを作った美容師さんに今後もお願いするかどうか、という事はある程度周囲の反応を見てからでも良いのではないでしょうか。若い頃は何をやっても似合うし、少々奇抜なスタイルでも流行に乗っていればそれだけでおしゃれだ、という高評価につながったと思います。ですがやはり年齢を重ねると、その人自身にしっくりときているか、若く見えるか、という事はとても重要ですよね。美容室 綱島 カット トリートメント ヘッドスパ おすすめ 当日予約

 

http://www.bmw.co.jp/jp/ja/