自分のレベルはどのぐらい?

自分のレベルはどのぐらい?

美容室で働く美容師たちは技術職である、と言えるでしょう。技術職であるからには自分の技術のレベルアップと言う事を常に考えなくてはいけないと思うんですね。自分のレベルを客観的に知るためには、他者との比較も必要になってくると思うのですが、あまり規模の大きくない美容室に入っていると、比較対象となる別の美容師の人数が少ないものでしょう。自分がそこそこの年齢であれば、常に自分がトップを走り続けている事になってしまう事もあるでしょう。たとえ大規模なスタッフの人数の多い美容室にいたとしても、回転率を問うような美容室であれば、日々自分の技術を見直す事も無く、ただお客さんの人数をこなす、という事になってしまいがちで、なかなか自分の今のレベルを知る機会と言うのはなさそうです。そんな時に「他の美容室の美容師たちは、どんなレベルなんだろう?」と客観的に見直してみる事はとても大切な事でしょう。トップスタイリストという名称がありますが、どのレベルで何ができたらトップなのか、という事は書くお店が決める事なので何の基準も有りません。このお店ではトップスタイリストだったけれども、他の美容室ではその人のレベルはただのスタイリストレベル、という事もよくあるようです。本気で自分のレベルアップを目指す美容師は他の美容室への転職を希望したりもするようです。美容室で施せるメニューが近年かなり増えてきたように思います。シャンプー、カット、パーマ、カラーを基本として、マッサージ、ヘッドスパ、メイク、ヘアメイク、マツエク、なとキレイになるためのメニューがどんどんと増えてきている様な気がします。美容師の資格を持っているとただカットをするだけではなく、他の事でもその美容師免許を生かす事ができます。美容師としてその自分の美容室で働きながらも、髪を切る以外にも自分にできる事、より深く興味を持てることが出てくる事もあるかもしれません。最近では美容室においても分業化が進んでいる様で、メイク専門の担当の人、マツエク担当の人、といった具合で、美容師だから何でもできる、というよりは、この美容師さんはこれが専門、という感じになってきている美容室も多いものです。ですから美容師自身も人取の技術を身に付ける事が出来たら、その後は自分は何が一番得意で何を極めたいか、という事を考えるのも良いかもしれません。このメニューなら誰にも負けない、という物があればたとえば転職する時などにはとても役に立つと思います。ただ美容師をやっていました、というだけではなく、その中でも自分はこれを極めている、というものがあるのは強みとなるでしょう。向学を広げるために色々なあえて色々ン美容室を渡り歩いている美容師もいるようですね。美容室 新小岩 アルバイト 求人