カットモデル

カットモデル

美容室でカットモデルを募集している、という話をよく耳にしますね。カットモデルとは「モデル」という文字が入っているのでヘアスタイルを見せるモデルさんの事かな、と思う人もいるかもしれませんがそうではありません。確かに美容室の広告やホームページなどでモデルさんのように写真が掲載されている人がいますね。そういう人がカットモデルなのかと思っていた人も多い事でしょう。ですが実際にはそういう人たちの事は「撮影モデル」と呼ぶことが多いようです。ではカットモデル、というのはどういう人たちなのか、というとアシスタントのみなさんが練習する時に練習台となってくれる人たちのことを言いうのです。つまりアシスタントさんがカットモデルの人のヘアスタイルを作ることで練習をするわけです。確かにいつまでもマネキンの髪ばかり切っていてはスキルアップにはなりませんからね。カットモデルを募集している場合に、そのあたりの事を勘違いして、美容室のモデルになることができるのかと思って応募すると、実際にはアシスタントさんの練習台だった、というような事がないようにしなくてはいけませんね。カットモデルの多くは無料でカットをしてもらえますが、自分の思うようなスタイルを希望できない事も有り、引き受けるかどうかは良く考えなくてはいけません。オーナーさんという呼称を聞くことがあると思いますが、よく店長とオーナーは同じ、と思われている事があるようです。同じような意味で使っている美容室も有るかもしれませんが、実際には少し違います。オーナーはその美容室の経営者です。ですから美容室のなかの細かい事ではなくて、経営が上手くいっているか、という事にだけ携わっている人です。ですから実際に私達がお客として美容室に行く時には店長に逢う事はあっても、オーナーに逢う事はほとんどないケースも良くあります。時にはオーナーさんは美容師ではない、という事もあるようです。オーナーとは呼ばないで社長、と呼んでいる美容室も有るようです。最初から美容室のオーナーになりたい、という人もいるようで、自らは現場の事は良く解らない、というオーナーも時にはいるようですね。時には元々が美容師で店長まで上り詰めて、引退したらオーナーなる、という人もいるようです。私達にとっては滅多にお目にかかることが出来ないポジションの人、という事になりますが、従業員の人々にとってはオーナーあっての美容室ですから、一般企業の社長さんと同じようになくてはならない人である、という事になります。またオーナーの趣味やセンスによってその美容室の雰囲気が変わったりもします。急にリニューアルする美容室が時々ありますが、オーナーが変わった時にはそのような事もあるようです。美容院 桜新町 トリートメント 縮毛矯正 おすすめ 安い 口コミ