カラーリング後のヘアケア

カラーリング後のヘアケア

カラーリングをしたら髪の毛が傷む、という事はそもそもよく言われている事でもあります。ですがそれでも多くの人がカラーリングをするのは、それだけ髪色を変えるオシャレというのが定着してきているからでしょう。ですが実際にカラーリングをした人の多くは、その後ダメージに悩まされることになります。実際には美容室ではカラーリングを始める前には、ダメージについて詳しく説明するような事はあまりしませんが、カラーリング後の髪の毛については、その後のヘアケアについて説明してくれている所が殆どでしょう。ですがお客さんの頭にその言葉が入っているかというとそうでもない事が多い感じがします。初めてカラーリングをしてとても気に入った人、そうでもなかった人、それぞれ自分の髪色の仕上がりの事で頭がいっぱいになっている所へ、ヘアケアの方法を説明されても聞き流している事が殆どでしょう。ですがカラーリングをした髪の毛にとって、その後のヘアケアというのはダメージを最低限に抑えるためにはとても必要な事なんですよね。そもそもカラーリングをする、という事はどういうダメージをもたらす危険性があるのか、という事を知ったうえでカラーリングをする事が理想的なのですが、美容室の方も商売をやっている訳ですから、売上を上げるためには必要以上にお客さんを怖がらせる話をするはずがありませんよね。初めてカラーリングをして多くの人が自分の髪色を元の色より明るくするわけですが、その時には「その後自分の髪色をどのように変化させたいか」という事を考えている人はあまりいません。ところが実際には日本ではまだまだ茶髪や金髪に対する目が厳しいという現状があります。多くの職場では髪色をある程度制限している所が多いのです。また制限されていなくても「この場に茶髪はふさわしくない」という状況はあちこちで生じてしまうものです。ですからある程度自由である学生や専門学校生、フリーターの人であれば自由にカラーリングを楽しむ事が出来るでしょうけれども、社会にかかわる多くの人は「茶髪ではまずい」という状況にぶち当たる時期がきます。その多くは就職活動をする、という時期だと思われます。そしてそれは初めてカラーリングをしてから3年〜6年ぐらいの間にそういう状況が生まれてしまうと思われます。その時期になるにつれて自分の髪色を元に戻さなくては、と焦り始める人が多いものです。単純に「黒染めにすればいいや」と思っている人もいるかもしれません。ですが実は自分の生まれ持った髪色に戻す、という事は、すべてが地毛に生え変わるまで待つ、という方法しかないのです。多くの人が「戻す」と言っているのは「黒染めにする」という事なんですよね。相模大野 美容院