美容師を選ぶか日程を選ぶか

美容師を選ぶか日程を選ぶか

ヘアスタイルを整えておくためには美容室へ行くタイミングと言う事が重要になってきますよね。いくら自分がお願いしたい美容師がいるから、と言っても自分が思ったタイミングでその美容師に切ってもらえないのはちょっと困りますよね。ですがその美容師との関係がすでに常連さんとして認識されているのであれば、最近では次回の予約もお願いして帰ることができるお店も有ります。常連さんだから、と言う事でその美容室で認識されていれば優先的に予約を取ることもできる事が多いものです。そこまでの関係が築けているのであれば悩む事は無いかもしれませんが、いわゆる美容室難民と言う感じの人であったり、気に入っている美容師は要るけれどもまだまだ常連と言えるほどではない、と言う人、また自分自身が忙しくて自分の日程を調整して美容室へ行くことが難しい、と言った人にとっては、自分の日程を優先するのか、指名したい美容師を優先するのか、と言う事が問題になってきますよね。そのどちらを取るか、というのはお客さん自身が自分が指名したいと思っている美容師に対して、どれほどのこだわりを持っているか、と言う所に左右されてくると思います。ただ「ちょっと興味がある美容師」と言う程度の気持ちで会ったり、自分の日程の方が大切、と思っているお客さんもいますよね。すでにお得意さんとか常連さん、と言う事で美容室に認識されている人ならどんなに人気のある美容師を指名しても、優先的に入れてもらえたり、すでに長期的スケジュールでその美容師とヘアスタイルの管理をしている人もいるかもしれませんね。ですがごくごく一般的な美容室で自分もそんなにその美容室の売上に貢献している訳ではない、と言う感じの人なら、担当美容師が人気がある美容師なのかどうか、と言う事は予約の日程と大きく関係してきます。自分が予約を入れようと思って電話をしてもなかなかその美容師との日程が合わなくて思っていた日に予約が取れない、という経験をした事がある人は多いと思います。その時にあまりにも日程が合わないと、仕方なく別の美容師にお願いする、と言う事もあるかもしれませんし、少々ヘアスタイルが伸びてしまうのを覚悟の上で、いつもの美容師と日程が合うまで待つのか、という選択になると思います。案外良い結果を招くことも有る様で、仕方なく別の美容師にお願いしたところ、意外とその美容師も良い感じだった、と言う事もあるようです。そうなると今度はその次の回にこれまでの美容師にお願いするのか、前回お願いした美容師にもう一度お願いしてみるのか、と言う選択をすることになりますね。自由が丘駅 美容院 パーマ 縮毛矯正 トリートメント 安い おすすめ