美容師の人気に差がある

美容師の人気に差がある

各美容室にはトップスタイリスト、と呼ばれるような売れっ子の美容師がいるものです。それは望ましい事ではありますが、その美容師ばかりが注目されている美容室、というのはその将来性が心配な事でもあるでしょう。なぜならその売れっ子の美容師だけが注目され、その美容師だけが売り上げに貢献している様な状況だと、だんだんと人間関係にひずみが出てくると思うんですね。もちろん売れっ子美容師が他のスタッフから羨望のまなざしで見られて、その美容師を目標にして他のスタッフも頑張って成長しようとしているのであれば問題はありません。ですが度が過ぎると経営者がその売れっ子美容師の方を持つようになりかねません。もっと言うとその売れっ子美容師の方が経営者より発言権を持ってくるような事態にもなるかもしれません。他のスタッフとその美容師との差があまりにも開き過ぎると、店内にはよからぬ雰囲気が起きてしまうかもしれません。その売れっ子美容師にしてもそこまでになると雇われている事が嫌になったり、より高みを目指してお店を変わろうとすることも考えられます。皆がともに成長する、皆で店を支える、そういう雰囲気の美容室であれば、おそらくスタッフ全員のスキルがアップしていくに違いですし、店内の雰囲気もとても良いと思うのです。美容室に限った事ではないでしょうけれども、経営において現状を立ち止まって振り返って見てみる事はとても大切ですよね。毎日が忙しければそれでなんとなく売り上げが上がっているような気持になってしまいがちです。忙しいと言う事は仕事がある、という事でそれだけ売り上げがあって当然、と思いがちです。ですが実際には利益があがる、というのは忙しい事と比例するとは限りません。たくさんのお客さんが来店しても単価が低ければ売り上げは少ないですし、一人のお客さんの施術に必要以上に時間がかかっているとそれだけ一日のお客さんが少ない、という事にもなります。どの様なお客さんがどれだけ来店し、それをどのようにさばいて売り上げがいくらだったか、という事を常に立ち止まってチェックし、どこをどう修正したらもっと効率よく売り上げを挙げる事が出来たか、という事を見直す時間と言うのはとても大切だと思います。たとえば在庫管理です。新メニューを導入しようとする際に、ただ新しい事をやればよい、というだけではありません。確かに新しいメニューに飛びつくお客さんも多いでしょう。ですがもしもその時点で同じ内容のものの在庫を多くかけていたとしたらどうでしょう?その売上げはすべてが利益になる、という計算にはならないですよね。マツエク まつげエクステ 三宿 トリートメント ミンク 人気 クーポン 口コミ